スタッフブログ

静脈内鎮静下での抜歯症例を、ご紹介します。

2017年02月6日 (月)

今回の患者様は、血圧が不安定でしたので、静脈内鎮静法を用いて抜歯を行いました。
治療中は血圧が安定し、スムーズに治療を終えることができました。

image (1)

静脈内鎮静法とは、手に点滴をとりそこから鎮静薬や静脈麻酔薬を投与していきます。
そうすると眠くなるような感じになり、恐怖心や不安感が和らぎ、楽な気分で治療を受けることができます。
歯科治療中のストレスからくる血圧の変動も抑えることができ、高血圧や不整脈などの方もこの静脈内鎮静法を使用するメリットが大きいと言われています。

歯科治療が怖い方や、1回にたくさん治療したい方など、ご興味のある方は一度ご相談ください。

はまうらパーク歯科 予防・CTインプラントセンター立花 福田