スタッフブログ

3院合同 歯科衛生士研修会

2016年07月21日 (木)

7月14日木曜日、尼崎市、立花のはまうらパーク歯科にて歯科衛生士の濱田智恵子先生をお招きして、3医院合同の歯科衛生士研修会を行いました。

3院合同の歯科衛生士研究会 3院合同の歯科衛生士研究会 3院合同の歯科衛生士研究会

4回目となった今回は、康佑会理事長の永井院長とのまきたパーク歯科の山本院長にも来ていただき、「歯周治療とメインテナンスまでの基本的な流れ」について学びました。

歯周組織検査の実習も行いました。
実習では理事長、山本院長が患者役で実習を行いました。
こんな機会はめったにないので、みんな緊張しながらも楽しく実習を行うことができました。
実習後は、力のかけ方、器具の操作についてなど気づいたことをフィードバックしてもらい、とても勉強になりました。

歯周組織検査はプラークの付着状態、歯肉からの出血、ポケットの深さ、歯の動揺度を調べるとともに、エックス線写真を撮影して歯の周りの歯槽骨の状態も確かめます。
この検査は最初だけではなく、治療によっては病気が治っているかどうか確かめるために治療の節目にも行います。
歯周治療を行う上で、特にポケットの検査や、プラークの付着状態を調べることはとても大切なことです。

すべての患者様が同じ症状、病態を持っているわけではありません。
個々の患者様に痛みを感じさせず、歯周治療を円滑にすすめるために、もっと高みを目指し、これからも学んでいきたいなと思いました。

永井歯科医院 予防・CTインプラントセンター 歯科衛生士 樽井優果