スタッフブログ

レントゲンの読み方についてのセミナー

2018年05月1日 (火)

4月29日にレントゲンの読み方についてのセミナーに参加してきました。
レントゲンを撮影することによって見えてくるものはたくさんありますが、
私が今まで見ていた視点以外にもたくさんの視点でレントゲンを見ることを学びました。
虫歯や歯周病だけではなく、噛む力の強さや補綴物の不適合の有無についてもしっかり観察することが必要だと感じました。

また歯科衛生士はレントゲンをみて予測することが大切です。
親知らずはどの方向に生えていくのか、
この補綴物が入っていることによって歯周病を悪化させないのか、
など予測を立てて担当医に相談することも重要な役割だと思いました。

永井歯科医院 歯科衛生士田中志織