スタッフブログ

第4回目の親子教室

2018年03月28日 (水)

3月24日に第4回目の親子教室を開催しました。

今回のテーマは歯並びが良くなる食べ方とおやつの食べ比べです。
子供の頃から噛む回数が多いほど顎の発育に大きく関わります。
そこで、今回はおやつの食べ比べをしました。ソフトクッキーとハードクッキーとおせんべいを食べ、どれが一番噛む回数が多いのかを数えながら食べました。

結果はおせんべいが噛む回数が多く、ソフトクッキーが少なかったです。

砂糖の量もおせんべいが少なく、ソフトクッキーは多いです。

ですから、虫歯の面でも顎の発育の面でもお菓子に適切なものはおせんべいということがわかりました。
歯並びは見た目を良くするだけではなく、歯磨きをしやすくしたり、虫歯や歯周病になりにくくするという目的もあります。
小さい頃から家で食事の仕方や姿勢を気にしてあげることによって永久歯の歯並びは大きく変わってきます。
お父様やお母様は家でも少し気にしてみてあげて下さい。
次回の親子教室は7月を予定していますので、是非参加してみてください。

永井歯科医院 歯科衛生士田中