スタッフブログ

親子で考えるデンタルヘルスケア

2017年12月18日 (月)

12月17日に親子で考えるデンタルヘルスケアの第3回目を行いました。

今回のテーマは「きいてみよう みてみよう やってみよう 歯医者さん」です。

まず子供たちは衛生士と歯磨きの練習をしました。

その間、お母さんたちには衛生士の田中と管理栄養士の清貞から「おかしってなあに」と「虫歯ってなあに」のお話をしました。

内容はおかしの年齢別にとる量や食べ方、市販のお菓子に含まれる砂糖の量のクイズをしました。

虫歯については、どうやって虫歯はできるのか、予防についてもお話しました。

歯医者さん体験では、1歳の子供から白衣を着て、いつも衛生士がしている染め出した歯の歯磨きの練習と歯科医師がしている虫歯の治療の流れをしました。

子供たちは興味津々で楽しそうに体験してくれていて嬉しく思いました!

また、診療室に子供1人で入れるか不安の中、体験に参加してくださったお母さんがいました。その方も帰りには予約をとって帰って頂けたので、子供たちの歯科に対する恐怖や不安軽減にもなったのかなと思います。

参加してくださった方々、寒い中お越しいただきありがとうございました。

 

次回は3月頃を予定しています。

皆さんもぜひ参加してください!

 

永井歯科医院 管理栄養士中西